現在位置: ホーム / link&授業教材 / 調理実習教材 / 野菜料理・くだもの料理 / 野菜の切り方(玉ねぎ)

野菜の切り方(玉ねぎ)

野菜の切り方は動画でアップしているものが多いのでよくみて覚えましょう。

みじんぎり

たまねぎは、「みじんぎり」のほかに「うすぎり」がよく使われます。涙がでるので切りにくいですが、古い玉ねぎはそうでもないようでした。

みじんぎりは、一度細かく切ってから、さらに包丁で細かくします。木製のまな板だと滑らないのできりやすいです。

玉ねぎの薄切りには、「繊維にたいして直角」と「繊維に対して並行」の2通りがあります。玉ねぎの歯ごたえを残したい時には「並行」に、洋風料理などであまみを出したい時には「直角」にきるといい、といわれます。

<繊維に直角> 例:カレーライス、オニオングラタンスープなど

こちらの方が早くしんなりします。長時間炒めると書いてあっても、焦げたりするので、実習ではせいぜい20分でOKでしょう。最低5分は頑張ってください。

 


<繊維に並行>例:みそ汁の実、生野菜サラダなど

生で食べるなら、水にさらして軽くもむと辛味が減ります。塩水でもOK。