現在位置: ホーム / link&授業教材 / 調理実習教材 / 野菜料理・くだもの料理 / りんごの飾りぎり

りんごの飾りぎり

りんごを飾り切りにすると、かわいらしい感じもして、子供向けには良いと思います。「キャラ弁」のようなものでしょうか。

代表的な切り方は「ウサギリンゴ」ですが、木の葉リンゴも見栄えがしますよ。

りんご2

練習をしたものを並べてみました。

木の葉リンゴは見栄えがとても良い

と思います。パーティーなどの時に、

サンドイッチのような白い食べ物に

沿えると華やかです。

 

1 ウサギリンゴ

サムネイルで紹介します。

うさぎ1うさぎ2
6つ切り、もしくは8つ切りのりんごを使い、手前から中心に切り込みをいれます。 切り込みを入れているところ。
うさぎ3 うさぎ4
左の画像のように、「V」に切り込みを入れ、上のように皮をむく。 気持ち分厚くむくと扱いやすいです。

ウサギリンゴは、ヤマを逆にしたり、小さい細工包丁があればいろいろ小細工ができます。

2.木の葉りんご

こちらもサムネイルで紹介します。ポイントは割りばしを使うこと。菜箸でもいいですね。包丁を止めるための小道具です。

子のは1子のは2
リンゴをはさんで、外から7-8mmくらい内側を切りこみます。 これは逆にしてみたところ。反対側も切り込みます。
子のは3 子のは4
切れたら少しずつ押して滑らせるようにしながら上を取り除きます。 上が摂れたところ。
子のは5 子のは6
同じ作業を繰り返します。 上をさらに滑り出すように押して取り除きます。
子のは7 子のは8
まだまだがんばる・・・ もういっちょ!
子のは8 子のは8
ちょびっと、になりましたが、押し出します。 これを4つずらして重ねます。
子のは9 子のは10
こんな感じ。 4つ切ったのを横に並べてみました。
滑らせながら重ねているところ。 重ねる、重ねる・・・
これでできあがり。 逆にむけて華やかな木の葉リンゴの完成です。