現在位置: ホーム / 食物とその周辺 / 伝統食品「乾燥野菜」

伝統食品「乾燥野菜」

乾燥野菜は保存食として最適。干すことで増加する栄養素もあります。

乾燥野菜・・・といっても、カップ麺の具を指しているわけではありません。伝統食品としての乾燥野菜です。
【長所1】水分を抜いているので、常温で長期保存できます。
【長所2】あらかじめ切ってあるので、包丁不要。

【長所3】「」と同様、調理が多様。

常温で長期保存・包丁いらず、どんな調理にも使える乾物は、非常食にも良いし、食育教材としても使いやすい。切り干し大根でしたら原材料は大根のみ、で、アレルギーの心配もなさそう。そう考えると学校でも使いやすい食品のひとつではないか、と思います。

栄養素は・・・【食品成分データベース】でチェック!
乾物ですから、「可食部100gあたり」(水で戻した時の量)というと結構な「かさ」になります。気を付けて読み取ってください。

大根

干して食べる野菜

いろいろ混ざったもの

大根

大根の干したものには、切り方によっていろいろな種類があります。また、水で戻して煮込むだけでなく、サラダや漬物、汁物など、アイディア次第でいろいろな調理に使えてなかなか便利。大根は冬にたくさんとれますから、たくあんなどの漬物にするほかに、いろいろな形に切って干し、食べ物が少ない時でもメニューが少なくならないように工夫されたのでしょう。

ほかにも日本全国にはいろいろな干し大根があるように思います。一人暮らしなどで、大根1本を食べきれない時に、大根を切るだけ切って乾燥させ、手作りの干し大根にすることもできます。手作りする時は、かびや腐敗のことを考えると冬のように寒くてよく晴れた日がいいかもしれません。

はな切り大根や手切り大根は、乾燥品をそのままかじってもほんのり甘い味がします。なぜ甘くなっているのでしょう?千切りの切り干し大根はちょっと味が違うような気がしましたが、いかがですか。画像にはありませんが、割り干し大根(かんぴょうのように長い干し大根)や、聖護院だいこんの切り干し大根などもありました。少しずつ画像を増やしていきますね。

わぎり大根切り干し
てぎり

大根を大きな拍子切りにして干したも

のです。

皮つきのものと皮なしのものがありました。

わぎり

大根を輪切りにして干してあります。水戻しする時は、時間をかける方が辛くないように思います。前日にあらかじめ水につけ、冷蔵庫に入れるのもいいですね。

このまま食べても意外に甘いですよ。

切り方が大きいので、煮付けや甘酢づけなど食感を楽しむ調理に向くかもしれません。

きりぼし

これは千切り大根です。

千切りになると、味がからみやすくなります。戻したものをサラダや甘酢和え、でもいいし、煮付けもいいですね。10分ほどつければ戻るのではないでしょうか。

サラダは次のような順番で試食してみてください。
(1)戻したものをマヨネーズで和える。
(2)(1)に缶詰コーンを混ぜる。
(3)(2)にきゅうりの角切りを混ぜる。
(4)(3)に塩と溶き辛子(お好みで)を入れる。少し鰹節を混ぜても良いです。

ゆがき

これは千切りにした大根を一度ゆでて乾燥させたものです。「ゆで干し大根」ですね。

長崎の特産物だそうです。戻すとゆでていない切り干し大根よりも柔らかい食感になりました。地元に行けばいろいろな形のゆで干し大根にめぐりあえるのかもしれません。

きりぼし

寒干し大根と書いてありました。

大根の薄切りを干したものです。

 【調理のポイント】
切り方によって戻る時間は違います。また、千切りの切り干し大根も甘酢づけやサラダなどで食感を残したければ、10分ほどつけるだけで使えることもあります。乾物臭がする、と思えば、1度軽く戻して水を捨て、水洗いしてみてください。一度5分ほど水につけてから、つけ水を捨ててつけ直すのもいいと思います。戻したものは煮物にするほか、甘酢づけ、炒めもの、サラダ、巻きずしの芯などに使えます。

授業教材ならば、せっかくすでに切ってあるのですから、はりはり漬けやサラダなどで手早く作れる利点を最大限に生かしてみてはいかがでしょう。自分たちで切り干し大根を手作りしてもいいですね。
日本では昔から食べられている「伝統食品」ですから、調理がサラダであっても教材としてとり上げることに意義があるのではないか、と思います。

干して食べる野菜

わざわざ干して食べる野菜には、「かんぴょう」(ユウガオの実)などがあります。干して食べた方がおいしかった、ということでしょうか。干し椎茸もわざわざ干すには違いないけれど、椎茸は「野菜」ではない・・・ような気がします。食品群でいうと「きのこ類」です。スーパーでは野菜コーナーにある場合が多いです。あなたはどう思いますか?

いろいろ混ざったもの

いろいろ混ざったもの、というのは、例えば、「みそ汁の具」として市販されているようなものです。

みそ汁の具マクロみそ汁の具2

これは、ホウレンソウ、わかめ、ニンジン、切り干し大根、かぼちゃ、あたりが入っていました。乾燥させている分、風味は劣りますが、繊維やミネラルなどは多く、使いやすいと思います。

かけうどんや卵焼きの具にしてもいいかも・・・。