現在位置: ホーム / News / ジャガイモに注意

ジャガイモに注意

小学校では、栽培学習の一般としてサツマイモも作りますがジャガイモも作ります。
ジャガイモはゆでるだけでもおいしいけれど、フライドポテトにすると大人気。子どもたちに嫌われないし、収穫する時の楽しさといったら!えいっと引っこ抜くと 根っこにはたくさんのイモがついているんですものね。おまけにまとめて収穫したら、長期保存もできるところも便利。

しかしながら、このジャガイモ。毎年全国で食中毒が発生している要注意作物でもあるんです。

なぜ、要注意か、というと、ナス科のジャガイモにはグルコアルカロイドが含まれているから、グルコアルカロイドによる中毒を起こしやすいと言われています。え?ソラニンじゃないの?と思ったあなた。違うんです。グルコアルカロイドは、ソラニンともう一つ、チャコニンを含めたグループの名前。つまり、ソラニンだけじゃないってこと。

ここで質問。じゃがいもの「有毒な部分」はどこでしょう?

・・・答えは、「芽」だけではありません。
確かに芽は多いかもしれませんが、日光にあたって緑色に変色した部分や、未熟なイモにもグルコアルカロイドが多いのです。緑色に変色した部分のあるイモや未熟なイモって、市販品にはないんですよね。
未熟なイモを多く作らないよう、種イモを植える時は間隔を気持ち広めにとってください。そして保管時には決して日光にあてないこと。ひどい時には緑色に変色したところだけで、100gあたり100mgのグルコアルカロイドが含まれていることもあるみたいです。

あと、中毒量も問題。普通なら、体重50㎏の人で、50mgほどグルコアルカロイドを摂取すると中毒症状がでるようです。ポイントは体重。じゃあ、体重がもっと軽い子どもなら・・・。そう、もっと少ない量で中毒症状がでます。つまり、自分が食べて大丈夫でも、子どもにとっては有毒になることがある。

アナフィラキシーショックほど派手なことにはならないのと、事例が少ないのとでリスクが低いとみなされがちなのかもしれませんが、じゃがいものグルコアルカロイドによる中毒は小学校で毎年1件以上発生しています。気をつけてください。

画像は大学祭の前準備の時のもの。本学のお祭りは神無月と霜月にかけて行われるので、「神霜祭」と呼ばれています。