現在位置: ホーム / News / アナフィラキシーってなあに

アナフィラキシーってなあに

アレルギーに関する新しいサイトを紹介します。

アナフィラキシーは、急性アレルギーの一種です。アレルゲンが体内に入るときわめて短時間で全身性のアレルギー症状がおこり、生命の危険にさらされる危険なものです。蜂の毒や薬物では15分、食物では30分くらいで心停止が起こるともいわれています。

食べ物では、そばや落花生(ピーナッツ)によるアナフィラキシーが有名ですが、小麦や牛乳・乳製品、鶏卵などアレルギーを誘発する食べ物が原因でアナフィラキシー症状になる場合もあるし、食べたあと、激しく運動することでアナフィラキシーが誘発されることもあります。

参考サイト:アナフィラキシーってなあに   学校保健ポータルサイト

現在では、兵庫県など各自治体の体育保健課関連サイトのなかに食物アレルギーに関する対応マニュアルなどがPDFで掲載されています。確認してみてください。