現在位置: ホーム / News / アニサキスに注意

アニサキスに注意

アニサキスは「寄生虫」の一種です。魚介類には結構な確率で紛れ込んでいるそうです。サバやアジ、イワシなどのいわゆる「青魚」に多いと言われていますが、マグロやカツオにいることもあります。魚介類が生きているときは内臓に多いのですが、宿主が死ぬと筋肉に移動することもあるようです。よく「夏のサバは生食するな」とか「夏の川魚は生食するな」と言われるのは、このアニサキスが多いから、ということのようです。刺身で食べるにしても、鮮度の良いものならアニサキスは内臓にいるわけですから、筋肉を食べるヒトがアニサキスにやられることはないと思います。あまり鮮度の良くない魚介を生食するとやられることはあるかもしれませんね。

ところで、最近、アニサキス中毒が増えているのだそうです。

アニサキスを生きたまま摂取すると・・・消化器系器官に張り付いて内壁を荒らします。結果的に腹痛・嘔吐・吐き気などが起きるようです。数時間後のこともあれば、数日後のこともあるそう。よくワサビなどの香辛料には強い抗菌性がある、と言われますが、アニサキスは細菌じゃなくて、線虫ですから、ワサビは効かないと思います。酢にも限界があるのです。酵素なら最適pHがあるし、菌なら好むpHがあるかもしれないのですが、虫に効くかどうか。

厚生労働省のWEBサイトにも農林水産省のWEBサイトにも食中毒予防に関するページがあります。

アニサキスは目視が可能な線虫です。一度探してみてください。もし、アニサキスを見つけたら、必ず加熱して食べましょう。スチームでもムニエルでもグリルでもかまいません。火を通せば食べられます。

食の安全を考える、というのは、自分で自分の健康を守れるようにする、ということなのかもしれないですね。

ちなみにヒラメにいる寄生虫も、豚肉などにいるサナダムシの一種(寄生虫)も良く知られた寄生虫だそうです。豚肉だから安全、ということではない・・・わけですね。豚肉もよく加熱して食べろ、と言われるのをどこかで聴いた人もいるかもしれません。コレラなどの伝染病は細菌によるものですが、寄生虫にも注意しましょう。