現在位置: ホーム / News / 和食が世界無形文化遺産に!

和食が世界無形文化遺産に!

日本の和食がどうやら、ユネスコの無形文化遺産として登録される模様です。正式には12月の政府間委員会で決まるようですが、今日は補助機関の事前審査をパスして代表一覧表に記載されることになったのだそうです。

農林水産省:プレリリース  食文化のページ

食関係で無形文化遺産に登録されているのは、フランスや地中海の食事様式、メキシコやケシケキ(トルコ)の伝統料理です。それらに次いで5番目、になるわけですね。ここで登録されようとしているのは、「スキヤキ」「テリヤキ」「サシミ」「テンプラ」など、諸外国の方々に人気の高い調理ではなく、一汁三菜スタイルの季節感を大事にする日本型食生活です。

これをきっかけに、若い人を中心に「ハンバーガーで手っ取り早く、も良いけれど、家でご飯の準備をして次世代に伝えられる我が家の味を作りたいな。」という考え方が広まってくれるといいな、と思います。写真のような純日本料理ばかりでなくても、カレーライスや餃子、オムライス、サラダ・・・何でも良いと思います。市販のカレールウのこれとこれを混ぜて作るのがウチ流、なんてのでもいいんじゃないかな。それが我が家の作り方なら。作ってるんですしね。

みなさんには「我が家の味」「思い出の味」「私の得意料理」がありますか?