現在位置: ホーム / News / 食品表示について

食品表示について

厚生労働省は国民の健康を司る省なので、健康関連に関するパンフレットをたくさん作成してWEB上に置いています。こういうパンフレットは授業でも使えるほか、家庭科室や保健室などに貼っておくのも良いかもしれません。

食品安全関係のパンフレット:厚生労働省

ちなみに、食品表示を管理しているのは消費者庁。ここでは、いま、食品表示を統一しようとする動きがあります。そもそも、健康増進法にJAS法に食品衛生法など、食品の表示に関わる法律はたくさんあって、それぞれ管轄する表示箇所も違うのですが、それでは話がややこしくなることもあるわけです。そこでそれらをまとめて「食品表示法」として一元化するしくみが整えられようとしているのです。食品表示に関しては「食品表示法」という法律が6月28日に公布されています。

全く個人的には、「必要なものを見極め、賢く買って食べ尽くす」。これに尽きるのではないかと思っています。安くても冷蔵庫でカビが生えるほど保存するのもダメなら、便利だからとコンビニエンスストアに頼った生活もイマイチ。自分でおにぎりをこしらえて冷凍し、忙しい朝の食事代わりにすれば、駅でおにぎりを買わなくても済みますよね。それって「ケチ」なの? 節約してるって、言わない? 私は節約してるし、安全だし、良いと思う。「食の安全」って、自分の手間をケチっちゃダメでしょ。そこは外せない。

教えてラベルくん:消費者庁

WEB上の情報は難しいことも多いものですが、官公庁の提供するパンフレットは子ども向けも多く、うまく使えれば情報は正確で新しいので、教材として適切です。是非使いこなしてみてください。