現在位置: ホーム / News / 食べるが価値

食べるが価値

好き嫌いせずに何でも食べて!

文部科学省では、食育の取り組みとして、「食べるが価値」というサイトを構築しています。

フジテレビのドラマとタイアップした特設サイトだそうです。

これでいろいろな人が食べることに興味関心を持ち、健全な食べ方を心がけてくれるといいですね。

日本では、いつでも安価で食べるものが手に入ります。すぐに食べられるハンバーガーもワンコインで買えます。でも、ハンバーガーは昔から日本にある食べ物ではありません。一方、たたみいわしや切り干し大根、干しわらびなどの乾物は昔からある食べ物ですが、ハンバーガーほど安くないし、場合によっては調理が必要です。

日本は温暖湿潤で四季がはっきりしており、昔から新鮮な食べ物が入手しやすい地域です。それでも、地域や季節によっては食べ物が入手しにくいので、保存食も発達してきました。乾燥させることによって冷蔵庫がなくても保存可能な食品をたくさん作りだし「乾物」として扱ったのです。

栄養重視の食べ方ばかりでなく、文化を踏襲した食べ方もある、ということを理解してください。「価値」という言葉にはいろいろな意味が込められているように思われます。