現在位置: ホーム / News / 酷暑対策・・・

酷暑対策・・・

今年はすでに30℃オーバーの日々が続き、天気予報も真っ赤な太陽が並んでいます。
被災地で作業される方々の体調がとても心配です。電気や水道、ガスなどが不便ななか、生活しにくいことと思いますが、どうぞ無理をされないようご自愛ください。
また、ボランティアの方々も炎天下での作業は思う以上に過酷です。体調不良にならないようご注意ください。

生あくびがでたり、ふらふらしたり、もうダメ、無理、と思ったら休みましょう。自分の体は自分で守るのが鉄則です。
外ばかりではなく冷房の効いた部屋でも疲れるのは同じ。適当にストレッチなどで体をほぐしてみましょう。

日本気象協会では【熱中症ゼロへ】というプロジェクトを立ち上げて熱中症対策を紹介しています。

環境省でも熱中症予防情報サイトがあります。環境省のサイトでは暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)が確認できるようになっています。熱中症予防のための指標だそうで、25-28℃でイエローゾーン(警戒)、28-31℃でオレンジゾーン(厳重警戒)、31℃でレッドゾーン(危険)になるそうです。天気予報やニュースでも危険なくらいの高温には注意するように呼び掛けています。

日傘や帽子などもうまく使うといいですね。私は汗が顔に出るせいか、日焼け止めを塗ると「白い汗」がたらたら。それで電話に出たらスマートフォンがえらいことになりました。濃い色の服に汗由来の塩分が噴出して白いシミのようにみえることもあります。

ウェザーニュースによれば、最低気温が25℃以上になるとセミが「そろそろ?」とふ化をはじめて大合唱になるのだそう。夏といえば、スイカにうちわにセミ、ひまわり。画像の朝顔もいいですね。天神祭りに高校野球(夏の甲子園)、終戦記念日。最近はかき氷も人気モノ。暑いには違いないけれど、うだる暑さに心折れるばかりにならないようあちこち目をむけるのもいいかも。そういえば、カップ麺が水でも作れる(待ち時間を長くする)という事実、反応速度論的にみて、確かにそうだ、と妙に納得できました。ものによっては1時間ほど待つそうですが。