現在位置: ホーム / News / かき

かき

キャンパス内にはいろいろな果物・種実類があるんですが、なんと、ブドウやカキまであります。ブドウは食べた後のブドウのタネを植えたらツルがにょきにょき・・・というパターンで大きくなりました。

・・・が。うちの研究室に「アリさん」を運んでくるようになったので、当該のブドウの木は抜いてもらいました。いや~、うちの研究室は食物ですから、その手の害虫がいてもらっては困ります。有島武郎の小説のように白い手をした女性ならいたかもしれないのですが。

カキは研究室から離れたところにありました。しかも、これは渋柿。だから、少し食べてみてあきらめたのでしょう。

かき

表面がちょっとかじりかけ。

このカキも、皮をむいて干しておくと美味しく食べられるようになります。「さわしがき」もおいしいですよね。さわしがきは、焼酎かホワイトリカーに渋柿をつけ、ビニール袋に密封して作ります。こんな凝った作り方で渋を抜くなんて、この方法を確立した人はかなり植物生理学に精通した人だったのですねえ。素晴らしい。渋柿なら動物などに食べられる心配もなくて作りやすい。 

朝夕めっきり冷えてきました。これからキャンパス内葉いよいよ紅葉シーズンを迎えます。紅葉の時期と桜が咲く時期が一番キレイです。散歩がてらに山登りしませんか?