現在位置: ホーム / News / レシピ

レシピ

みなさんは、家で食事を調える時、炒めものや煮物を作るとして、その炒め物や煮物はどうやって作りますか?

インターネットでレシピを探します? もちろん、インターネットばかりが情報源ではありませんから、雑誌や本、スーパーのレシピカードなどでも良いと思います。それとも、使える材料をみて適当にやりましょうか?友達や家族などに聞くという方法もありますね

作ったことがないものでも、この前レストランで食べたハッシュドビーフはとてもおいしかったので家でも作ってみたい、という時には、レシピを探すと思います。そのためのレシピ、なんですから。毎日お惣菜を買ったり外食したり、では飽きてしまうこともあるし、食費がすごくかかることもあります。かといって安価な食事だけを目指すと栄養が偏りがち。そんな時にもレシピを探しますよね。誰が作ってもそれなりに出来る手順、それがたとえ料理初心者でもそれなりに出来る手順がレシピです。

ただし、「おいしい」という感覚はヒトによって違うので、ある程度までレシピにしたがって作り、最後に味見をして自分がおいしいと思う味に仕上げてもらってかまいません。
レシピ通り作ったからおいしい、とも限らなかったりするんです。好みに合わないみたいな感じでおいしくない。

また、およそはレシピ通りでも、カレー粉を入れて風味を変えてみたり、白菜をキャベツに変えてみたりしても良いと思います。お金を払って食べるものではないので、材料が臨機応変に変わり、自分の工夫でオリジナルな料理にするのも良いことです。これはレシピをベースにしてアレンジしているので、特に適当にやっているわけではないと思います。

じゃあ、結局アバウトになるわけだから、レシピなんて要らない!と思ったそこのあなた。
あなたはレシピなしで適当に作る料理を2回同じ味に作れるでしょうか?
適当にやるにはある程度のスキルや経験が必要、なんです・・・。

レシピをみればいつも成功する、わけではないでしょうが、一人でそんなめんどくさいことできないなあ、と思ったあなたは、ブログサイトやLine、ツイッターなどのSNSを利用してみてはいかがでしょう。友達を呼んで試食会?もいいですね。芸能人もよく手作りの食事をアップしていますが、それにならってアップしてみてください。「いいね!」がつくと、励みになるかも。

消費者庁もクックパッドサイトにアカウントを持っているようですね!これには少し驚きました。さすがは消費者庁。視点が違います。きっと日本国中のレシピを掲載してくれるんじゃないかな。

画像はオオキンケイギク。キャンパス内には野生化して?あちこちに咲いているようです。