現在位置: ホーム / News / 桜の咲くころ

桜の咲くころ

4月から教壇に立つ皆さん、ご卒業おめでとうございます。

教諭としてではなく、講師として教壇に立つ皆さんもいるかもしれません。でも、児童生徒からみれば「先生」であることに変わりはありませんから、自信を持って授業をとりおこなってください。自信を持って教えるためには自分自身でも勉強してください。「なぜそうなるのか」という疑問に答えられるように。全く個人的な意見ではあるのですが、勉強って、知的好奇心をいかに持たせ、満足させられるか、というところにあると思います。だから、いろいろなジャンルの勉強がありますから、どんなジャンルでも知的好奇心を満たすヒントをあげられる教員でありたい、と思っています。

企業に行かれる皆さんも、ヒトとヒトとの関わり方やヒトを教えることのノウハウは学んできたことと思いますから、是非それらを活かしていただきたいと思います。企業も学校と似ているところはあるような気がするんですよね。

今年の桜は少し遅め。ようやく学内の桜も咲き始めました。日当たりのよい場所では三分咲き~五分咲きくらいです。画像の桜はB棟近くの桜。次年度はちょうど良い感じに咲いたソメイヨシノが新入生をお出迎えしてくれるんじゃないかと思います。