現在位置: ホーム / News / 平成24年国民健康・栄養調査報告

平成24年国民健康・栄養調査報告

平成24年国民・健康栄養調査報告書が出されました。国民健康・栄養調査は、2年前のものが最新版なので平成24年度の報告書が最新の報告書になります。

この報告書では、ジャムが果実類に、味噌が調味料類に、マヨネーズも調味料になりました。また、食事状況も、「家庭食」「調理済み食」「外食」「給食」「欠食(菓子・果物などのみ、錠剤などのみ、何も食べない)」というふうに、合計7種類で朝食、昼食、夕食を集計しています。

 これによると、平日の食事では、20-29歳(全体)の欠食25.6%のうち、「何も食べない」が14.6%でした。菓子・果物などのみの人は10.4%です。しかし、単身世帯だけの集計では、20-29歳(全体)の44.7%が欠食扱い、何も食べない人は27.1%でした。夕食でも家庭食の人は46.0%です。一人だと、面倒になっちゃうんでしょうか。アルバイトや仕事などで多忙なのかな?

 平日の食事ですから自分で作るのが面倒、という場合もあるかもしれません。でも、体調は間食をせずに3食食べると違います。朝食はすぐにできるものでいいのでたべてください。 前の晩の残りでも十分。

国民健康・栄養調査も、速報版や概略版だと、いろいろ省略したりまとめられたりしているので細かいことまではわかりにくいことがありますが、報告書をみると、結構いろいろなことが分かるようになっています。