現在位置: ホーム / News / 沖縄にも雪・・・

沖縄にも雪・・・

ここ数日の大寒波はとうとう沖縄本島や台湾にまで雪を降らせたようですね。台湾、というのは、留学生がそのように言っていました。台湾は結構南に位置しているので、びっくりしただろうなあ。

年末年始は暖かい気候で「本当に冬?」と思っていたのですが、さすがは大寒。しっかり寒くなってきました。二十四節季の「大寒(だいかん)」は、1月20日ごろから、次の「立春(りっしゅん)」である2月3日ごろまで。

大寒でもシーズンは3つに分けられるそうです。
 初候は「款冬華(ふきのはなさく)」
 中候は「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」
 末候は「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」。
この時期の旬のものとしては、南天(なんてん)、牛蒡(ごぼう)、鰤(ぶり)、金柑(きんかん)、が挙げられるとか。大寒の頃は「三寒四温」といって、温かい日と寒い日が入り混じるのだと昔から言われています。今年は暖かいとタカをくくっていたのに、残念です。

二十四節季も七十二候も、何やらとても言いえて妙と思える表現ばかり。昔から日本で住み暮らす日本人の感覚には全く驚かせられます。

本学では睦月の最終金曜日、今年度なら、二十九日の午後五時が卒論提出の締め切りなんです。本来なら三十一日ですから、2日ばかり早いみたい。体調を崩さないように頑張ってください。

写真は今朝の登校途中の階段です。おそらく、ですが、今年初めての積雪だと思います。大寒波でも積雪にはならない模様。例年大雪の画像が撮れるのに、残念です・・・。