現在位置: ホーム / News / 文部科学省のアレルギー対策ページが公開

文部科学省のアレルギー対策ページが公開

文部科学省内のWEBページとして「アレルギー対策」のページ(リンク集)ができました。アレルギー対策の具体的な内容や資料は、学校保健会「学校保健ポータルサイト」や日本小児アレルギー学会のページにもありますが、あちこち見なくても良いように、ということなのかもしれません。特に学校給食における食物アレルギーの対応が中心になっているようですが、食物アレルギーは、食事依存性運動誘発性の場合もあるし、遠足や修学旅行などの学外行事でも起こり得るものです。学校給食は同じものをみんなで食べるのでまだいいと思いますが、業者のお弁当やパン類、自分の家のお弁当などのように、あれこれ混ざると食指導もやりにくくなるのかもしれません。

これまで用いられていたガイドラインなどのほか、アレルギー疾患に関して対応資料が公表されているところが養護教諭・栄養教諭にとってはウレシイところ。PDFばかりではなく、Youtubeを活用した動画ページへのリンクもあるようです。どれも10分~15分くらいでしょうか。学校保健会が作成されたものを公開しています。授業で使うなら、動画サイトですし、適当に切っても良いかもしれませんね。

学校保健会が作成したということは、学校保健会が運営している「学校保健ポータルサイト」にはもっと新しい情報があるのかな?と思いきや・・・ありました。アレルギー対策もたくさん紹介されています。他に、3日連続で欠席している子どもへの対応や2015年世界保健デーのテーマが食品安全であることなど。
健康にかかわることは、やはり最新の情報を集めるべき。
時々チェックしなくちゃ、と改めて思いました。

みなさんは、新しい情報をチェックされてますでしょうか?
え?ここをたまに読む?それは、片手落ちかもしれません。時々更新が滞りますから。

そういえば、ようやく構内の桜が咲き始めました。朝日に透けるソメイヨシノがまぶしいです。