現在位置: ホーム / News / 子ども向け「食の安全」

子ども向け「食の安全」

食の安全は、今ホットなトピックスです。

だけど、それを授業で教えるの・・・って???と思ったそこのあなた。教えるのには難しい領域とそうでもない領域があるんです。食中毒なんかはそうでもない方だと思います。牛ひき肉などを半生で食べるとo-157:H7がいるかもしれませんよ?o-157:H7でなければノロウイルスがいるかも。だから、よく焼いて食べた方がいいのです。小学校の家庭科では生肉や生魚は扱いませんが、中学校・高校の家庭科では扱います。学校では中高以上であったとしても、家庭なら、子どもがたとえ就学前児童であっても生肉や生魚は扱うはずです。

厚生労働省では、<こども向け>食の安全というサイトを作って、いろいろな教材を提供しています。

な~んか良い教材ないかな?と思ったら是非のぞいてみてください。

画像はバラ。春はもうすぐです!