緑色のカスタードクリーム

茹で卵を作る時、複数の作業をしていて、ついうっかり茹で過ぎた・・・という経験を持つ人はいませんか。

そうなると、茹で卵はカチカチのかた茹で卵になります。で、黄身の外側がオリーブ色になります。これは、卵白が加熱されて発生した硫化水素に卵黄の鉄分が反応して硫化鉄になったのですが、特にゆで卵だけに起きる反応ではありません。

鉄分というと、鉄製のフライパンも「鉄分」なので、例えば、ですけど、鉄製のフライパンでカスタードクリームを作るとオリーブ色になることがあります。他にも緑変する時があるかもしれません。驚かずに考えましょう。

全然違う「緑色」としては、アローカナという鶏の卵はなんと殻が青いのだそうです。ネットなどではみかけるものの、まだ食べてみたことがありません。所詮卵、などと言わずに、味が違うのかな?とロマンを持ちたいところです。