国際果実野菜年2021

農水のWEBサイトから、そのまま、文章を引用します。
===

2021年は、果実と野菜の摂取による栄養と健康上の利点等に対する世界的な認識を高めることを目的に、国際連合が定めた国際果実野菜年(International Year of Fruits and Vegetables:IYFV2021)です。

この国際果実野菜年という貴重な機会に、果実や野菜を毎日の食生活に取り入れることの重要性などを一緒に考えてみませんか。
===(引用ここまで)

サイトによれば、野菜や果物の生産量は世界人口を養うだけの量があるのだそうです。
しかし、発展途上国は流通の過程で、先進国は消費の過程でロスしているので、不足気味?と言われたり、
野菜の摂取量が足りなかったりする…のだそうです。

それで、これも引用させていただくのですが、国際果実野菜ねん2021は以下のようなことを目的に
設置されているそうです。
=====

1)  果実と野菜の摂取による栄養と健康上の利点について、その認識を高め、また政策的関心を高める。

2)  果実や野菜の消費を通じて、多様でバランスの取れた健康的な食事とライフスタイルを促進する。

3)  食料システムにおける果実と野菜の食料ロス・廃棄を減らす。

4)  以下に関する最良事例の共有:

    • 持続可能な食料システムに貢献する、果実・野菜の消費と生産の促進。
    • 保存、輸送、貿易、加工、調理、小売、廃棄削減、リサイクル、およびこれらの段階間の相互作用における持続可能性の向上。
    • 家族農家を含む小規模農家の、果実・野菜の持続可能な生産と消費のための各国、地域、世界的な生産活動とバリューチェーン・サプライチェーンへの統合。(果実・野菜は、その多様な品種や在来種の役割を含み、小規模農家の食料安全保障や栄養、生計および収入に貢献している。)
    • すべての国、特に開発途上国が、果実・野菜の食料ロス・廃棄と闘うための革新的手法と技術を導入する能力を強化する。
    ===引用ここまで

こういう施策はSDGsの国際目標のなかの「1貧困をなくそう」「2飢餓をゼロに」をはじめとして11のゴール達成に貢献しているとか。是非、農林水産省内のページを一読していただきたいと思います。国連の取り組みですから、規模も世界レベル。

6月31日までは、お勧めレシピも募集しているそうな…。野菜を食べるのは面倒だな、とか、高いしね、とか、思わずに、是非。
毎日頑張らずとも、多い日や少ない日があって良いですよ~。

添付の画像は調理学実習Ⅱで手作りの豆腐を作っているところ。にがりを使っているようですから、木綿豆腐ができ上がったようです。